ホーム > すべて表示 > タイトル >
■ 喘息FAQ

グループ:
ワード検索:
1 - 5 ( 40 件中 ) / グループ:妊娠・出産・授乳・育児

娘も花粉症とダニの数値が高いので、出産とかにも影響がでてくる可能性はあるのでしょうか〈妊娠・出産〉
No.795 / Group:よくしていくことが可能でしょうか 検査について 喘息の薬 家族の喘息 妊娠・出産・授乳・育児 喘息の合併症
Date: 2004/07/05(Mon) 11:57 [修正]

[3155] 喘息になりそう 投稿者:市川多香子(愛知県) 投稿日:2004/05/24(Mon) 16:37
はじめまして、私は47歳主婦です。今アレルギーがまた強く反応しているようで19年前の再現か・・・と憂鬱な気持ちでいっぱいです。先日3月末にいつもの美容院で毛染めをしていた時終わり間近になって、口の中、舌がかゆくなり喉が腫れて息苦しくなって、近くの内科に駆け込みました。ステロイドの点滴でその場は治まりましたが、喉のかゆみと息苦しさゼロゼロが時々出てきます。19年前出産の前ハウスダストで夜中じゅう起きて朝ウトウト、ひどくなり2ヶ月ほど入院をして出産しました。出産後は暫くして体調も序々に回復して、最近のアレルギーが出るまでは普通に暮らしていました。以前ほど喘息はひどくないのですが、薬をアレグラ60mgを朝晩、シングレア10を寝る前、プロカプチン50も貰ったのですが、動悸と指のふるえ、頭痛が出たので、「飲みたくない」と言いましたが、「息苦しい時に半分飲んでください」とおっしゃいました。昔やっぱりメプチンを飲んで同じ様になり、薬が変わった記憶があるのですが、あと頓服でエンペラシンを貰っています。今は咳は出てません時々息苦しいのとゼロゼロしています、喉がかゆく腫れてくる事もあります。このまま治まればよいのですが、血液検査では、アレルゲンはダニでした、19年前と同じです。娘のアレルゲンも調べてもらいました、花粉症とダニの数値が高いので、私のように出産とかにも影響がでてくる可能性はあるのでしょうか?


[3155へのレス] Re: 喘息になりそう 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/25(Tue) 00:59
毛染めをして喘息発作を誘発する人は多いのです。それをしないようにするか、予防薬や長期管理薬を吸入して、対策を講じてするかして下さい。ダニの影響を24時間受けている上に、毛染め薬の刺激を受けるわけですから、喘息発作が誘発されやすくなるのです。

娘さんがお母さんと同じようになるのかどうか、それは決まっておりません。ならないように予防的に治療することもできるし、放置していて何でもなく出産ができる場合もあり得るでしょう。もっとひどい発作を起こして、出産どころでなくなる危険性だって、ないわけではありません。

備えあれば憂いなし、予防に勝る治療なしですから、このHPで喘息のことを勉強すること、本などを購入してあなた自身も喘息をより良くコントロールできるようにして自信をつけてください。そして娘さんを守ってあげれるようになってください。お孫さんが無事に生まれますように、娘さんが喘息を起こさないようにアドバイスやご援助ができるようになりましょう。そうすればお母さんと同じような、ひどい目に合わずに無事に出産することが可能となります。正しい知識を持つこと、治療や管理いかんなのです。

「時々息苦しいのとゼロゼロしています、喉がかゆく腫れてくる事もあります」とのことですから、今でも治療は不十分だということです。ステロイドの吸入やインタールの吸入での予防、セレベント25ぐらいの長期管理薬でコントロールされた方が、日常生活を快適に送れるようになるでしょう。他の内服薬はアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などがなければ、中止できるかもしれません。

憂鬱さから脱出することは簡単なことですから、しっかり勉強してみてください。


[3155へのレス] Re: 喘息になりそう 投稿者:市川です(北海道) 投稿日:2004/05/25(Tue) 08:29
丁寧にお返事いただきありがとうございます。娘二人ともアレルギー体質なので、もっと勉強しなくてはいけませんね。落ち込んでいられません 皆さんのご意見や本を参考に致します。ありがとうございました。 



風邪を引く度に喘息が悪化していて不安です〈妊娠〉
No.786 / Group:検査について 喘息の薬 ピークフローメーターと喘息日誌 妊娠・出産・授乳・育児
Date: 2004/07/05(Mon) 11:53 [修正]

[3107] 喘息患者の中でも特に気管支が弱いようで。。。 投稿者:パピヨン(東京都) 投稿日:2004/05/15(Sat) 13:57
初めまして。私は43才の主婦です。36才頃から喘息になりましたが、風邪を引いた時しか苦しくならず当時の医者もきちんと喘息の説明をしてくれなかったのでだんだんひどくなりました。基本的に昔から風邪をひくといつも咳がものすごく、治るのに3週間位かかりました。去年の夏も大風邪を引き全然治らなく、風邪が治ってもいつも喘鳴がするので喘息専門病院に行くようになりました。それ以来セレベント、パルミコート3吹き、アコレートを飲んでいます。ピークフローは400前後です。
私は高齢で結婚したので、子供も欲しいと先生に相談しておりアコレートをやめてみようかと言っていましたがこのGW前に又もや風邪をひきステロイド点滴と、抗生物質とメドロール4ミリを飲みました。風邪はやっとよくなってきましたが喘鳴は全然なおりません。苦しくはなくピークフローも370位です。風邪を引いて2回目の通院の時に点滴をしたのですが、あまり改善されないのです。主治医も、ステロイドも飲んでいるし、吸入もしてるのに何故喘鳴が治らないんだろうね、と首をかしげます。基本的に気管支がかなり弱いんだね、と言われていますが。現在は風邪薬は止めメドロール2ミリを毎食後飲んでいます。
妊娠もしたいと思っていますが風邪を引く度に喘息が悪化していて、薬も強くなっていてかなり不安です。風邪はひかないように普段も気をつけているつもりです。来週ももう一度主治医のところに行くつもりですが、この喘鳴はどうすれば治るのかと風邪を引くと大変なことになってしまう高齢での妊娠について(妊娠できないかもしれませんが)清水先生のご意見も聞かせていただくと幸いです。宜しくおねがいします。


[3107へのレス] Re: 喘息患者の中でも特に気管支が弱いよう... 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 21:31
パピオンさん、こんばんは。
妊娠については、喘息FAQの「妊娠・出産・授乳・育児」のところをご覧になってみてください。



[3107へのレス] Re: 喘息患者の中でも特に気管支が弱いよう... 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 23:53
「風邪は二週間で治る」、「二週間以上症状が続く場合は風邪ではなく、気管支炎が多い」などと言われておりますが、風邪が三週間ぐらい続く人がいても、よいのかもしれません。風邪というよりは気管支炎への移行の状態と言った方が良いのかもしれません。

痰の培養、感受性テストや血液の検査をして、必要なら適切な抗生物質を使うなどが効果を高め、治癒を早めるかもしれません。気道の炎症が起こると、気道の過敏性が高まり、喘息のコントロールがうまくいかないのかもしれませんね。しかし風邪であれば必ず治るわけですから、治った状態のときにパルミコートを四フキにするか、フルタイドディスカスに換えて八百マイクログラムを吸入するかという方法は、副作用がとりたてて出なければ試みてみる価値はあります。

妊娠出産についてはデイジーさんのお勧めに従ってください。焦っていてもうまくいくわけではないでしょう。全身性ステロイドとアコレートさえ止めることができれば、妊娠出産については問題がありません。まずその二つを中止しても元気に過ごせるように主治医のとこで相談をしたらどうでしょうか。


[3107へのレス] Re: 喘息患者の中でも特に気管支が弱いよう... 投稿者:パピヨン(東京都) 投稿日:2004/05/16(Sun) 01:38
デイジーさん、清水先生、お返事ありがとうございます。
そうですね、風邪からいつも上気道炎、気管支炎となってしまうようです。いつも咳、喘鳴ともにひどくなってしまい風邪をひく事が大変恐ろしいです。咳は吐き気が出るほどかなり激しいもので咳止めではきかずステロイド点滴で咳がやっと収まる感じです。
妊娠、出産の欄も読んだのですが、妊娠に対しての私の不安というのは妊娠中に風邪を引いたらどうしよう、というものなのです。風邪をひかないように食べ物を工夫したりビタミン剤や健康食品をとったりしていますが毎冬、春に必ず風邪をひいてしまいます。妊娠中にひかないでいるというのは考えられません。
そしてもしひいてしまったら、今でさえ一週間以上の抗生物質の投与、ステロイド点滴、ステロイド内服をして3週間位たたないと風邪が治らないのに妊娠中はどうすれば良いのでしょうか?秋にかならずインフルエンザの予防接種をしますが、それでも冬に一回、春に一回必ず風邪を引いてしまいます。そして一回引くとフルコースの治療でないと治りません。
それに毎回風邪を引く度に喘息も前回よりパワーアップ(?)してしまうので、ステロイドの量も多くなっていくので心配なのです。日常では喘息発作はでないし、風邪をひいて喘鳴がでたり咳がひどくなっても息が苦しいということはないので、自分では初期患者と思っていましたが主治医に言わせると、私は喘鳴の消えない重い患者の方で、高齢だしあまり妊娠は進められないようなことを言われています。妊娠を希望していますが自分でも普通の人では考えられない位の風邪の重い症状を考えると妊娠中の健康状態には全く自信がなくなってしまいます。風邪で喘息が悪化しない患者さんが羨ましいです。本当に風邪をひく事が恐ろしく他人の風邪にも過敏に反応してしまいます。


[3107へのレス] Re: 喘息患者の中でも特に気管支が弱いよう... 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/16(Sun) 14:21
パピヨンさん、こんにちは。

私も喘息患者でして、二人子供を出産しております。
二度とも風邪をひいたのをきっかけとして、重い喘息発作がでました。
入院もしていました。
大変にしんどい妊娠期間ではありましたが、とにかくも産まれた子供はとても元気です。
それに私の子供は19歳と12歳なのですが、現在ではもっと良い治療が受けられると思いますので、私の時よりも楽に喘息があっても出産できる可能性はあると思います。
ご心配なのは私はよーくわかりますよ!
清水先生の病院では、たくさんの喘息患者の方が実際に無事に出産なさっておられます。
人によって、妊娠してからの体調もそれぞれ違いますし、どのようになさるのがよいと私にはお勧めできませんが、風邪で喘息が悪化する私でも、何とか二度妊娠出産はできていますとは言えます。


[3107へのレス] Re: 喘息患者の中でも特に気管支が弱いよう... 投稿者:パピヨン(東京都) 投稿日:2004/05/16(Sun) 23:53
デイジーさん、ありがとうございます。現在も風邪をひき喘鳴がなおらない状態がずっと続いていたので落ちこんでいましたが少し明るい気持になれました。またいろいろと相談させていただきます。ありがとうございました。



もう母乳育児できないのでしょうか(4ヶ月)<授乳>
No.781 / Group:喘息の薬 乳幼児喘息 妊娠・出産・授乳・育児
Date: 2004/07/05(Mon) 11:50 [修正]

[3058] もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/07(Fri) 21:55
生後4ケ月の娘をもつ30才の女性です。
25歳を過ぎたあたりから、風邪をひくと長引くようになり、3年前には喘息と診断されました。
発作が起き点滴をしましたが血中酸素が増えず、一週間程入院したこともあります。
普段はフルタイド200を吸入しておりました。

妊娠をきっかけに、キュバール100の吸入へと変更になりました。
妊娠中は風邪をひいても全く喘息も出ず、もしかして完治したのかも?と安心して、
出産後は母乳に影響がないようにと、自分の判断で吸入を止めていました。

ところがGW中に風邪をひいてしまい、喘息がまた出てきてしまいました。
現在は点滴したり、テオドールを服用しておりますので、母乳はストップし、ミルクで育てています。
でも、喘息が治まったら、出来ることなら、また母乳で育てたい!
と言うのが本音です。

喘息の発作を出にくくする薬を吸入、または服用しながらでも授乳する事が可能だという話を聞いたのですが、本当でしょうか?
その場合、薬を吸入、服用した後に、母乳を一度搾乳し捨てて、代わりに、その回だけミルクにすると、その次の母乳から飲ませても問題ないそうなんです。

可能なお薬があるのなら、ぜひ教えてください!
よろしくお願いいたします。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/07(Fri) 22:45
ゆいママさん、はじめまして。

参考になる他の方からのご質問が、喘息FAQの「妊娠・出産・授乳・育児」に分類されています。
よろしければご覧になってください。

喘息に関する基本的なことは『喘息をよくし治す』や『喘息患者学入門』、小児喘息は『みんなで治す小児喘息』(復刻版)の本に書いてあります。
(これらの本の紹介と、購入方法は http://www.stlab.jp/asthma/kounyu.htmに紹介してあります。)
これらの本の中に詳しく説明が載っていますよ。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/07(Fri) 22:50
すいません、補足です。

現在、服用中の薬は、テオドール100mgとキュバール100エアゾールです。
呼吸が苦しい時は、エプチンエアーを吸っています→一日一回(2吸入)ぐらいです。

病院でも断乳を進められ、近所の呼吸器内科や小児科医院へ電話で質問しまくっているのですが、どのお医者さんも、今のミルクは母乳と変わらないからミルクにしなさい、わざわざ喘息の危険な母乳を与えるのは親のエゴではないかとまで言われました。

現在、医者に言われた通り、断乳しておりますが、また授乳を再開できるのを心待ちにして、3時間置きに、カンカンに張った乳を気力で絞って捨ててます。

よろしくお願い致します

※後半、愚痴になってしまい、申し訳ありません。




[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/08(Sat) 00:22
母乳でお子さんを育てようと希望される場合、現在の薬の吸入量、服用量程度であれば何の問題も心配もいりません。城北病院や城北診療所では何百人もの妊婦や乳児を抱えるお母さんたちを治療、指導してまいりましたが、その程度の吸入量、服用量で問題があったお母さんやお子さんはありません。

城北病院や城北診療所だけの経験ではなく、世界中の権威があり、根拠あるガイドラインや医学書では、それらの薬の通常量は乳児にに対して全く心配ないということを記載しております。

テオドール100mgを一日6錠程度まで、キュバール100エアゾール1日6吸入ぐらいまでなら全く問題はありません。それ以上服用したり吸入したりしていらっしゃるのでしょうか。その何倍も服用しているとか、吸入しているとかであれば問題があると指摘せざるを得ません。普通のお医者さんならばそんな何倍も投与はしていないはずです。エプチンエアーを吸っています→一日一回(2吸入)ぐらいも全く問題はありません。

デイジーさんや関係者が努力を注いで完成させた喘息FAQ(YAHOOなどの検索エンジンで喘息と漢字で入れて検索すると、ここがしだいに上位に上がってきております)の「妊娠・出産・授乳・育児」のところご参考になさってください。母子ともに安心・喜びの日が一日も早く訪れますように願って書き込みました。乳児のお子さんが喜ぶ限り、切り替えるのに特別な面倒な方法や約束事、儀式など全く必要はありません。

母乳よりもミルクのほうが好きになってしまっていて、いやがったりなかなか飲まないということであれば、焦らずに徐々に切り替えていくというぐらいの工夫が必要な場合はあるかもしれません。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/09(Sun) 02:16
お返事ありがとうございます。

最近越してきたばかりで、かかりつけの病院も見つかっておらず、まだ喘息も治まってないので不安な毎日ですが、これにこりず、自分にあった病院を探してみます。

今朝から、咳き込んで辛かったので、子供が通院している耳鼻咽喉科で急遽診てもらったところ、今までの薬に加えて、下記の薬が増えました。
ツムラ麦門湯エキス顆粒、フロモックス錠100mg、ノイチーム錠30mg、キプレスチュアブル錠5mg、ニポラジン錠、、、
他にホクナリンテープ1mgを貼り
蒸気の吸入をしました。

あまりにも薬が増えたため、まだ授乳はストップしたままです。
この中で授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?
ミルクに変えてから飲む量が激減し、一回り小さくなった気がします。
大丈夫なようなら、すぐにでも授乳を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 00:50
この喘息Q&Aを開き、私の回答を御覧になったうえで受診をなさったのでしょうか。それとも受診をされてから私の回答を御覧になったのでしょうか。

咳こんでつらかったので子供が通院している耳鼻咽喉科を受診したとのことですが、通常は喘息の薬の投与を受けている、自分のかかっている病院に受診するのが普通です。そうでないと薬がダブったり、飲み合わせの問題が出てきたりします。時間外の受診であろうとも、少なくとも喘息の薬を「どこどこでこのように出されている」と実物を見せたり、話をして耳鼻咽喉科の先生に薬の投与を受けるべきです。

耳鼻咽喉科の先生には「母乳育児をしたいので、差し障りのない安全な薬を出してほしい」とお話しをしたのでしょうか。その希望を強くもっているお母さんならば、薬を投与する先生に対し、責任を持ってもらえるように、まず第一にそのことを話すはずです。自分がとにかくまず助かりたいでしょうが、子供さんのために母乳を投与したいということを優先するのか、やみくもにとにかく自分が助かりたいのか、はっきりさせてもらわないと医師も薬をちゃんとした形で投与できないと思います。

ここは喘息Q&Aです。セカンドオピニオン(見解を求める場合は受診する必要がある)とは違います。。母親である患者さんをよくし、母乳を投与しても大丈夫なようにする責任は薬を投与する医師、診察料をもらう医師にもってもらわなければならないのです。ですから患者さんは母乳投与の希望や前医の意見、前医が投与してくれた薬を十分に説明をしておくべき義務があります。

蒸気の吸入というのは単なる蒸留水や生理食塩水の水蒸気の吸入なのか、薬物の入った吸入なのかこちらでは分かりません。

「Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です() 投稿日:2004/05/08(Sat) 00:22 No.3064」で答えた範囲については、回答していますように母乳については投与しても大丈夫です。その回答には責任を持てます。ですからそのように書きました。それで母乳を開始すればよかったのに、今からでもその範囲の薬使用なら開始して問題ないのですが、それなのにまた薬がゴボッとたくさん増えて大丈夫かどうか聞くわけです。

耳鼻咽喉科でまたたくさん出されたのです。たくさんもらってきて「この中で授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?」という質問に、また私が答えるべきではないと思いますが、いかがでしょうか。その責任を取ってもらうべきドクターは、あなたの選んだ耳鼻咽喉科医か喘息の薬を投与して下さっている医師なのです。私は私なりの意見を持っていますが、ここでまた答えてしまうと本末転倒を繰り返すことになります。

すべての情報を提供して、耳鼻科の先生のところへいただいた薬を全部持っていって(もちろん前の先生から投与された薬も持っていってですが)、母乳を投与しても責任を持ってもらえるかどうか尋ねてください。大丈夫だと言われて信用するのならば、全部服用すればいいし、じゃーこれとこれは抜きましょうと言われて、それを信用するのならば、そうすればよいかと思います。喘息のほうの先生を信頼するのならば、そこに耳鼻科で出された薬を持っていって相談をしてください。

責任を持つべき医師はあなたがかかり、実際に診察し医療費を受け取る医師なのです。「病院でも断乳を進められ、近所の呼吸器内科や小児科医院へ電話で質問しまくっているのですが」とありますが、これは正常ではありません。電話で相談すべきことではなくて、受診をし診察料を払って相談すべきことなのです。「電話で質問しまくっているのですが」と同じように、ここで再々質問され、「授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?大丈夫なようなら、すぐにでも授乳を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします」というのはあまりにも安易ではないでしょうか。責任を問われるかもしれないし、安易に答えるわけにはいきません。それほどたくさん薬が出ているし、それぞれの量も分からないからです。

この喘息Q&Aはアドバイスをするところですが、責任を持つところではないのです。責任の持てるアドバイスは以上です。幸い明日は月曜日ですから、どちらのお医者さんにいくか判断されて、両方の薬を全部見せながら、一日も早く母乳を投与してもよい薬物療法の指導を受けて下さい。赤ちゃんはそのような理性的な行動と安全な安心できる母乳の投与をひたすら待っていると存じます。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/12(Wed) 03:25
お返事ありがとうございます。

最近、見知らぬ土地へ越してきたばかりで、喘息も全く出ることがなかったので、呼吸器科の病院もどこにあるのかさえ知らず、いきなり喘息が出てきたので、どうしていいのかわからずネットで検索してこちらを偶然見つけて、質問した次第です。
受診した先生に、私は授乳を続けながら治療したいと伝えたのですが、聞いてくれる方はおらず、、、

月曜日に早速、保健所に電話して呼吸器科の病院を紹介してもらい、地図を頼りに受診してきました。
今まで処方された薬の処方箋をすべて見せると、先生から清水先生と同じように「授乳しても全く問題ないですよ」いわれ、
「今まで受診した病院では、授乳をストップするように言われたのですが…」と答えると
「いや、それは、一種の責任のがれでしょう。赤ちゃんに何かあった時に自分のせいにされちゃいますから、薬を出したら授乳はストップするように言ってるんじゃないでしょうか」と言われてました。

早速、家に帰って授乳を再開したのですが、時すでに遅し…母乳は出なくなっていました。自業自得です。。。
本当に娘に申し訳ない事をしてしまった、悔やんでも悔やみきれないです。

先生、不愉快な思いさせてしまってすいませんでした。

それでは失礼いたします。
本当にありがとうございました。



好酸球が増えやすい体質なんですが、改善できませんか〈妊娠・出産〉
No.737 / Group:検査について 喘息の薬 妊娠・出産・授乳・育児 アレルギー性肉芽腫性血管炎 どうすればよくなるのかの参考
Date: 2004/07/05(Mon) 11:27 [修正]

[2874] 好酸球が増えやすい体質なんですが 投稿者:なつ(熊本県) 投稿日:2004/04/06(Tue) 02:42
初めてです。大変悩んでいます。どうか宜しくお願いします。
私の喘息は発作は重篤ではありませんが、のどの痛みに始まり、息苦しくなると好酸球が増え(14%ぐらい)白血球も増えて点滴してプレドニンを飲まなければならなくなります。(ひどい時は好酸球性肺炎になります)
長い間ユニフィル400を一錠と、フルタイド100を一日2吸入でコントロールしてきましたが、半年ほど前から調子が悪くなり慢性化しています。プレドニンを6錠からスタートして1錠ぐらいになると息苦しくなってきて参ってしまいます。それでもなんとかここ最近は1錠で落ち着いてきたような感じなので0.5錠に減らした後止めてみようと思っています。
すごく妊娠を望んでいるのですが、かかりつけの先生からはこんな調子ではしばらく無理と言われました。プレドニンを止め、落ち着いてどれぐらいしたら妊娠しても安心でしょうか?
検査では花粉症やハウスダストなどアレルギー反応は出ませんし、IgE抗体も正常でした。好酸球ばかりすぐ増えてしまうこの体質は改善できないものなのでしょうか?


[2874へのレス] Re: 好酸球が増えやすい体質なんですが 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/06(Tue) 23:57
好酸球ばかりすぐ増えてしまうこの体質は改善できないものなのでしょうか?というご質問ですが、体質も一つの原因としてありますけれども、よくするための努力が不十分である結果でもあるわけです。

好酸球が二十%三十%という気管支喘息の方々もたくさんおられます。その人たちが努力次第によっては、全身性ステロイドを使用しなくても、減少したまま好酸球性肺炎にもならず、元気に過ごしておられる方々がたくさんいます。あなたがそうなる努力をなさるかどうか、努力をした結果、他の良くなった人たちと同じようになるかどうかは先に行ってみないとわかりませんけれども、今よりも良くなり、妊娠出産の夢が現実のものに近づくことは間違いないでしょう。

「喘息をよくし、治す」(合同出版)の中によくなられた方の体験談が紹介されております。よくなる希望を持ち、現実のものとするためにも、御一読をお勧めしておきます。

プレドニンを止め、落ち着いてどれぐらいしたら妊娠しても安心でしょうか?というご質問ですが、内科の先生や産婦人科の先生のご意見もあることでしょう。プレドニンが完全に切れて、症状がなくなれば、半年もすれば大丈夫だというのが私の意見です。ただしその後も悪化しないような状態を維持するために、最大限によくなる方法をしっかり身につけてください。


[2874へのレス] 有難うございました 投稿者:なつ(熊本県) 投稿日:2004/04/09(Fri) 17:48
回答有難うございました。自分なりに本を読んだり体力作りを少しずつ始めておりますが、無理をせず頑張っていきたいと思います。これからどういう事をしていったらよいかもっと良く調べてみて努力してみようと思います。
お忙しい中本当に有難うございました。少し気持ちが楽になりました。





喘息の薬を止めることは難しいのでしょうか〔イヌ・ネコ〕〈妊娠・授乳〉
No.736 / Group:喘息の薬 ペットと喘息 妊娠・出産・授乳・育児
Date: 2004/07/05(Mon) 11:27 [修正]

[2881] はじめまして 投稿者:ぷう(大阪府) 投稿日:2004/04/07(Wed) 14:19
6年程前に風邪が治らず、呼吸器科に行った所、喘息と言われました。
それからベコタイドを毎日朝晩2吸入しています。
猫アレルギーだといわれたのですが、どうしても離せず今も犬猫を10年近く飼っています。

現在26歳なのですが、これから先 妊娠・授乳やこのまま吸入,薬を続けていくことへの不安がいっぱいで、毎日すごく辛いです。
発作は最近は起こさなくなっているのですが、薬を止めることは難しいのでしょうか?また薬を飲みつづけて、妊娠・授乳は大丈夫なのでしょうか?
呼吸器の先生に相談すればいいのでしょうが、なかなか言い出せなくて・・・。
このQ&Aに書き込みさせていただきました。


[2881へのレス] Re: はじめまして 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/07(Wed) 23:21
明日は東京の国際フォーラムで開かれる日本内科学会へ出席のため、早朝に小松空港を出発しますので、今晩は早めに回答を書き込んでしまいます。

ベコタイド毎日朝晩2吸入をなさっているそうですが、それは妊娠や授乳に対して何ら問題がありませんし、心配をする必要がありません。毎日凄く辛いですと書いてありますが、心配をしなくても良いことを心配しているためにつらくなるだけです。

ベストの状態で妊娠出産に臨もうというお気持ちはよくわかります。私たちは排気ガスを吸ったり、炭酸ガスを吸ったり、アレルゲンやいろいろな物質を吸い込んだりしております。それと同じ程度に安全だと言えるでしょう。猫や犬の毛に対してアレルギーがあるとすれば、そのアレルゲンを吸い込むよりも、もっと安全で害がなく、益があるということができます。

喘息FAQの妊娠出産のところを読むか、私たちの推薦している著書を読んでみてください。今まで心配していたとが、まったくの杞憂で、心配することもないことがよく分かることでしょう。
三月十五日更新予定の喘息ホットニュースでは、妊娠出産、授乳に安全な喘息の薬を紹介することにしております。それもぜひご覧になってください。薬を飲んでいてもと書いてありますが、吸入だけではないのですか。

「HPで安全だと言われたんだけれども」とか「心配しなくても良いと言われたんだけれども」と主治医の先生に思いきって聞いてみてください。もっと安心できるに違いありません。心配をしなくてもよいと分かれば、天からよい赤ちゃんがたちまちにして授かるのではないでしょうか。

他に薬を飲んでいたり(吸入だけではなく)、吸入もやめたいと思う場合は、このHPや本をよく読んで、根本からよくし治す努力をすれば、あなたの重症度の程度であれば中止できる可能性は出てきます。そういう努力をしなければ、今のままとなるかもしれません。

ここに書いてある範囲で解釈すれば、今のままでも妊娠出産、授乳には何ら問題がないということです。ただし他に全身性ステロイド剤を飲んでいたり、沢山の内服薬を別に飲んでいるということならば話は別です。


[2881へのレス] ありがとうございます 投稿者:ぷう(大阪府) 投稿日:2004/04/08(Thu) 12:23
喘息についてもっと勉強して、薬を飲まなくてもいいようがんばりたいと思います。
ありがとうございました。


[2881へのレス] Re: はじめまして 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/09(Fri) 10:51
ぷうさんがもうここに来ないかもしれませんが、下の掲示板に次のような励ましの書き込みがありましたので、ここへもってきておきますね。もし、ぷうさんが見たり、他の方もコメントあればこの棚に続けて下さい。

Q&Aのぷうさんへ! 投稿者:デイジー 投稿日:2004/04/08(Thu) 10:06 No.4916
ぷうさん、私も若い時から喘息でしたので、妊娠出産については、とても不安でした。
そして薬の危険性についてはよく知っていましたが、安全性についてはほとんど知りませんでした。
それで、心配しなくてよいことを、づーっと心配し悩んでいました。
今から思えば、正しい知識を持つことができれば、安心した楽しい妊娠期間が送れたかもしれないと思います。
清水先生が、あなたの棚に書かれたことは、とても大切なことで、ぷうさんは勇気を出されて質問していらっしゃったので、妊娠される前に大切な重要な知識を得ることができて本当によかったと思います。
喘息があっても、勇気を出して安心して、お進みくださいね。

このように掲示板に書かれても勿論、とてもよいことですが、そこを見ない人もおられる可能性があります。デイジーさんも含め多くの人による喘息Q&Aになればいいなぁーと願っておりますので、こちらへの書き込みもご遠慮なくどうぞ。清水は必ず見ていますのでフォローさせて頂きます。



Page:[ / 1 2 3 4 5 6 7 8 / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -