ホーム > すべて表示 > タイトル >
■ 喘息FAQ

グループ:
ワード検索:
1 - 5 ( 102 件中 ) / グループ:乳幼児喘息

家族全員喘息とアレルギー体質なので、やはり娘も喘息になってしまうのでしょうか(2歳)
No.794 / Group:よくしていくことが可能でしょうか 検査について 喘息の薬 乳幼児喘息
Date: 2004/07/05(Mon) 11:57 [修正]

[3152] 喘息になるのでしょうか? 投稿者:つつ(茨城県) 投稿日:2004/05/24(Mon) 13:47
はじめまして。私には二歳になる娘がおりますが、ここ一年の間肺炎に三回かかり入院をくりかえしておりました。医者からは、三回目なので、喘息の気があるからオノンを服用するようにいわれました。家族全員喘息とアレルギー(花粉症、動物アレルギー、)体質なので、やはり娘も喘息になってしまうのでしょうか?
忙しいとは存じますが、ご返答宜しくお願い致します。


[3152へのレス] Re: 喘息になるのでしょうか? 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/24(Mon) 14:05
つつさん、はじめまして。

お子様のことご心配ですね。
清水先生がお返事をくださるまで、喘息FAQの「乳幼児喘息」のところで興味をもたれるところをご覧になられながら、お待ちくださいませ。
0歳から4歳までのお子さんについての皆様からのご質問が分類されております。


[3152へのレス] Re: 喘息になるのでしょうか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/25(Tue) 00:42
デイジーさんのお勧めを実行してみてください。いろいろと参考になるはずです。みんなで治す小児喘息・復刻版一千円を読んでおいて、発症させたり、重症化させないということが大事です。
購入方法は http://www.stlab.jp/asthma/kounyu.htmに紹介してあります。

娘さんが喘息になるとは決まっておりません。発症予防も可能かと思います。血液の検査はIgEやRASTの各種、末梢血の好酸球%など調べてもらっておいてください。

ついでに家族全員の喘息も今よりも良くなるように、このHPを利用したり、本も学習して、頑張ってください。必ず良い結果がついてくるでしょう。



[3152へのレス] Re: 喘息になるのでしょうか? 投稿者:つつ(茨城県) 投稿日:2004/05/25(Tue) 07:48
清水先生、デイジーさんありがとうございます。とてもご参考になりました。血液検査のほうですが、今年の一月に検査をいたしまして、IgEは、14でした。ネコのフケ、ヤケヒョウダニ、ハウスダスト1、ハウスダスト2がクラス2で、卵白が1でした。そちらの本を是非購入させていただき、勉強していきたいと思います。どうもありがとうございました。



このまま治療は続けた方がいいのでしょうか(4歳)
No.785 / Group:喘息の薬 乳幼児喘息
Date: 2004/07/05(Mon) 11:52 [修正]

[3106] このまま治療は続けた方がいいのでしょうか? 投稿者:judy(神奈川県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 11:43
初めてまして。
あと一週間ほどで四歳になる息子の事です。息子は満二歳の時に風邪から気管支喘息を発症し、緊急に一週間ほど入院しました。その後は一回も喘息の発作もなく、風邪などひいても喘息の症状は出ません。それ以来、朝晩オノンドライシロップ、ムコダインドライシロップを服用し、プロムナードミニでインタール、フルタイドロタディスク、セレベントロタディスクを吸入しています。二週間に一回通院し、喘息日誌を提出し、診療を受けています。とにかく活発で走り回って遊んでも平気で、病院へ行くのも気が引けるくらいです。こんなに元気なのに薬や吸入は続けた方がよいのでしょうか?
逆に薬の副作用などを心配してしまいます。


[3106へのレス] Re: このまま治療は続けた方がいいのでしょ... 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 23:35
二年間も本当にご苦労さまでしたね。それだけ頑張られたから、今の健康があるのかもしれません。

またご指摘のように、もうだいぶ良くなっているので、ほとんどフルコースに近い厳重な治療を継続すべきかどうか、検討の時期に入っているのだと思います。

一度に全部やめてしまうことは、今いくら調子が良くても、危険が伴うかもしれません。まず飲み薬をやめてしまったらどうでしょうか。症状が出ればすぐ再開すればよろしいのです。元に戻るはずです。先生には止めてみてから、「子供が嫌がって薬を飲まなかったのですが、なんともないようです。今のところたくさん余っていますので、具合が元に戻るようならばすぐのませます。その時はまたもらいにきますので、しばらく飲み薬だけ中止してみてください」と申し上げたらどうでしょうか。その際、「ここまで来ることができましたのは、先生の御治療のおかげだと思います」と感謝の言葉を述べるのを忘れないでください。

それがうまくいってからの話ですが、吸入療法もフルコースで継続しておられるようです。吸入は強力ですから、なにもかも一緒には止めないで下さい。次は「先生のご指導がよかったせいか、調子が良くて、インタールの吸入を面倒くさがって、やめてしまったのですが、全く何ともないようです。本当にお陰様です」という調子で、うまくいくといいですね。

その次にセレベントを止めてみればよいでしょう。最後にフルタイドを減らしてみていくということです。今まで続けてきたのですから、内服にしても吸入にしても、まだ続けたからといって副作用が出る心配はありません。なんでもないのに続けている、日本の医療費の無駄かもしれない、という問題があるだけでしょう。先生との関係を上手に進めていくならば、日本の医療費の無駄の問題も解決できるかもしれません。

以上はたくさんの薬を減らしたり中止して、患者さんを元気にし、ご家族に喜ばれてきた経験を持つ一医師の一つのアドバイスです。あくまでもアドバイスですので、ご参考になさってみてください。


[3106へのレス] Re: このまま治療は続けた方がいいのでしょ... 投稿者:judy(神奈川県) 投稿日:2004/05/16(Sun) 00:58
清水先生早速ご回答ありがとうございます。
主人ともここ何ヶ月かずっと悩んでいたことでした。

先生のおっしゃる通り病院の先生のご指導、治療でここまで元気になれたと思っております。先生の提案のように言って飲み薬からやめてみようと思います。そしてうまくいってから吸入療法の方へと徐々にやめていければと思います。
とても親切に詳しくアドバイスを頂き、救われた思いです。お蔭様で薬を安心してやめられるキッカケができました。本当にありがとうございました。



もう母乳育児できないのでしょうか(4ヶ月)<授乳>
No.781 / Group:喘息の薬 乳幼児喘息 妊娠・出産・授乳・育児
Date: 2004/07/05(Mon) 11:50 [修正]

[3058] もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/07(Fri) 21:55
生後4ケ月の娘をもつ30才の女性です。
25歳を過ぎたあたりから、風邪をひくと長引くようになり、3年前には喘息と診断されました。
発作が起き点滴をしましたが血中酸素が増えず、一週間程入院したこともあります。
普段はフルタイド200を吸入しておりました。

妊娠をきっかけに、キュバール100の吸入へと変更になりました。
妊娠中は風邪をひいても全く喘息も出ず、もしかして完治したのかも?と安心して、
出産後は母乳に影響がないようにと、自分の判断で吸入を止めていました。

ところがGW中に風邪をひいてしまい、喘息がまた出てきてしまいました。
現在は点滴したり、テオドールを服用しておりますので、母乳はストップし、ミルクで育てています。
でも、喘息が治まったら、出来ることなら、また母乳で育てたい!
と言うのが本音です。

喘息の発作を出にくくする薬を吸入、または服用しながらでも授乳する事が可能だという話を聞いたのですが、本当でしょうか?
その場合、薬を吸入、服用した後に、母乳を一度搾乳し捨てて、代わりに、その回だけミルクにすると、その次の母乳から飲ませても問題ないそうなんです。

可能なお薬があるのなら、ぜひ教えてください!
よろしくお願いいたします。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/07(Fri) 22:45
ゆいママさん、はじめまして。

参考になる他の方からのご質問が、喘息FAQの「妊娠・出産・授乳・育児」に分類されています。
よろしければご覧になってください。

喘息に関する基本的なことは『喘息をよくし治す』や『喘息患者学入門』、小児喘息は『みんなで治す小児喘息』(復刻版)の本に書いてあります。
(これらの本の紹介と、購入方法は http://www.stlab.jp/asthma/kounyu.htmに紹介してあります。)
これらの本の中に詳しく説明が載っていますよ。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/07(Fri) 22:50
すいません、補足です。

現在、服用中の薬は、テオドール100mgとキュバール100エアゾールです。
呼吸が苦しい時は、エプチンエアーを吸っています→一日一回(2吸入)ぐらいです。

病院でも断乳を進められ、近所の呼吸器内科や小児科医院へ電話で質問しまくっているのですが、どのお医者さんも、今のミルクは母乳と変わらないからミルクにしなさい、わざわざ喘息の危険な母乳を与えるのは親のエゴではないかとまで言われました。

現在、医者に言われた通り、断乳しておりますが、また授乳を再開できるのを心待ちにして、3時間置きに、カンカンに張った乳を気力で絞って捨ててます。

よろしくお願い致します

※後半、愚痴になってしまい、申し訳ありません。




[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/08(Sat) 00:22
母乳でお子さんを育てようと希望される場合、現在の薬の吸入量、服用量程度であれば何の問題も心配もいりません。城北病院や城北診療所では何百人もの妊婦や乳児を抱えるお母さんたちを治療、指導してまいりましたが、その程度の吸入量、服用量で問題があったお母さんやお子さんはありません。

城北病院や城北診療所だけの経験ではなく、世界中の権威があり、根拠あるガイドラインや医学書では、それらの薬の通常量は乳児にに対して全く心配ないということを記載しております。

テオドール100mgを一日6錠程度まで、キュバール100エアゾール1日6吸入ぐらいまでなら全く問題はありません。それ以上服用したり吸入したりしていらっしゃるのでしょうか。その何倍も服用しているとか、吸入しているとかであれば問題があると指摘せざるを得ません。普通のお医者さんならばそんな何倍も投与はしていないはずです。エプチンエアーを吸っています→一日一回(2吸入)ぐらいも全く問題はありません。

デイジーさんや関係者が努力を注いで完成させた喘息FAQ(YAHOOなどの検索エンジンで喘息と漢字で入れて検索すると、ここがしだいに上位に上がってきております)の「妊娠・出産・授乳・育児」のところご参考になさってください。母子ともに安心・喜びの日が一日も早く訪れますように願って書き込みました。乳児のお子さんが喜ぶ限り、切り替えるのに特別な面倒な方法や約束事、儀式など全く必要はありません。

母乳よりもミルクのほうが好きになってしまっていて、いやがったりなかなか飲まないということであれば、焦らずに徐々に切り替えていくというぐらいの工夫が必要な場合はあるかもしれません。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/09(Sun) 02:16
お返事ありがとうございます。

最近越してきたばかりで、かかりつけの病院も見つかっておらず、まだ喘息も治まってないので不安な毎日ですが、これにこりず、自分にあった病院を探してみます。

今朝から、咳き込んで辛かったので、子供が通院している耳鼻咽喉科で急遽診てもらったところ、今までの薬に加えて、下記の薬が増えました。
ツムラ麦門湯エキス顆粒、フロモックス錠100mg、ノイチーム錠30mg、キプレスチュアブル錠5mg、ニポラジン錠、、、
他にホクナリンテープ1mgを貼り
蒸気の吸入をしました。

あまりにも薬が増えたため、まだ授乳はストップしたままです。
この中で授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?
ミルクに変えてから飲む量が激減し、一回り小さくなった気がします。
大丈夫なようなら、すぐにでも授乳を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 00:50
この喘息Q&Aを開き、私の回答を御覧になったうえで受診をなさったのでしょうか。それとも受診をされてから私の回答を御覧になったのでしょうか。

咳こんでつらかったので子供が通院している耳鼻咽喉科を受診したとのことですが、通常は喘息の薬の投与を受けている、自分のかかっている病院に受診するのが普通です。そうでないと薬がダブったり、飲み合わせの問題が出てきたりします。時間外の受診であろうとも、少なくとも喘息の薬を「どこどこでこのように出されている」と実物を見せたり、話をして耳鼻咽喉科の先生に薬の投与を受けるべきです。

耳鼻咽喉科の先生には「母乳育児をしたいので、差し障りのない安全な薬を出してほしい」とお話しをしたのでしょうか。その希望を強くもっているお母さんならば、薬を投与する先生に対し、責任を持ってもらえるように、まず第一にそのことを話すはずです。自分がとにかくまず助かりたいでしょうが、子供さんのために母乳を投与したいということを優先するのか、やみくもにとにかく自分が助かりたいのか、はっきりさせてもらわないと医師も薬をちゃんとした形で投与できないと思います。

ここは喘息Q&Aです。セカンドオピニオン(見解を求める場合は受診する必要がある)とは違います。。母親である患者さんをよくし、母乳を投与しても大丈夫なようにする責任は薬を投与する医師、診察料をもらう医師にもってもらわなければならないのです。ですから患者さんは母乳投与の希望や前医の意見、前医が投与してくれた薬を十分に説明をしておくべき義務があります。

蒸気の吸入というのは単なる蒸留水や生理食塩水の水蒸気の吸入なのか、薬物の入った吸入なのかこちらでは分かりません。

「Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:清水です() 投稿日:2004/05/08(Sat) 00:22 No.3064」で答えた範囲については、回答していますように母乳については投与しても大丈夫です。その回答には責任を持てます。ですからそのように書きました。それで母乳を開始すればよかったのに、今からでもその範囲の薬使用なら開始して問題ないのですが、それなのにまた薬がゴボッとたくさん増えて大丈夫かどうか聞くわけです。

耳鼻咽喉科でまたたくさん出されたのです。たくさんもらってきて「この中で授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?」という質問に、また私が答えるべきではないと思いますが、いかがでしょうか。その責任を取ってもらうべきドクターは、あなたの選んだ耳鼻咽喉科医か喘息の薬を投与して下さっている医師なのです。私は私なりの意見を持っていますが、ここでまた答えてしまうと本末転倒を繰り返すことになります。

すべての情報を提供して、耳鼻科の先生のところへいただいた薬を全部持っていって(もちろん前の先生から投与された薬も持っていってですが)、母乳を投与しても責任を持ってもらえるかどうか尋ねてください。大丈夫だと言われて信用するのならば、全部服用すればいいし、じゃーこれとこれは抜きましょうと言われて、それを信用するのならば、そうすればよいかと思います。喘息のほうの先生を信頼するのならば、そこに耳鼻科で出された薬を持っていって相談をしてください。

責任を持つべき医師はあなたがかかり、実際に診察し医療費を受け取る医師なのです。「病院でも断乳を進められ、近所の呼吸器内科や小児科医院へ電話で質問しまくっているのですが」とありますが、これは正常ではありません。電話で相談すべきことではなくて、受診をし診察料を払って相談すべきことなのです。「電話で質問しまくっているのですが」と同じように、ここで再々質問され、「授乳に差し支えのある薬はありますでしょうか?大丈夫なようなら、すぐにでも授乳を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします」というのはあまりにも安易ではないでしょうか。責任を問われるかもしれないし、安易に答えるわけにはいきません。それほどたくさん薬が出ているし、それぞれの量も分からないからです。

この喘息Q&Aはアドバイスをするところですが、責任を持つところではないのです。責任の持てるアドバイスは以上です。幸い明日は月曜日ですから、どちらのお医者さんにいくか判断されて、両方の薬を全部見せながら、一日も早く母乳を投与してもよい薬物療法の指導を受けて下さい。赤ちゃんはそのような理性的な行動と安全な安心できる母乳の投与をひたすら待っていると存じます。


[3058へのレス] Re: もう母乳育児できないのでしょうか? 投稿者:ゆいママ(大阪府) 投稿日:2004/05/12(Wed) 03:25
お返事ありがとうございます。

最近、見知らぬ土地へ越してきたばかりで、喘息も全く出ることがなかったので、呼吸器科の病院もどこにあるのかさえ知らず、いきなり喘息が出てきたので、どうしていいのかわからずネットで検索してこちらを偶然見つけて、質問した次第です。
受診した先生に、私は授乳を続けながら治療したいと伝えたのですが、聞いてくれる方はおらず、、、

月曜日に早速、保健所に電話して呼吸器科の病院を紹介してもらい、地図を頼りに受診してきました。
今まで処方された薬の処方箋をすべて見せると、先生から清水先生と同じように「授乳しても全く問題ないですよ」いわれ、
「今まで受診した病院では、授乳をストップするように言われたのですが…」と答えると
「いや、それは、一種の責任のがれでしょう。赤ちゃんに何かあった時に自分のせいにされちゃいますから、薬を出したら授乳はストップするように言ってるんじゃないでしょうか」と言われてました。

早速、家に帰って授乳を再開したのですが、時すでに遅し…母乳は出なくなっていました。自業自得です。。。
本当に娘に申し訳ない事をしてしまった、悔やんでも悔やみきれないです。

先生、不愉快な思いさせてしまってすいませんでした。

それでは失礼いたします。
本当にありがとうございました。



喘息日誌について(2歳)
No.779 / Group:乳幼児喘息 ピークフローメーターと喘息日誌
Date: 2004/07/05(Mon) 11:49 [修正]

[3070] 喘息日誌について 投稿者:ひろ(千葉県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 00:12
こんばんは。はじめまして。ここのサイトと出会い娘2歳の喘息と真剣に付き合いはじめました。
最初は2人目出産によるストレスから風邪をこじらせ喘息になりはや1年・・・
真剣に喘息と向き合ったやさき、つい先月1週間入院をしてしまいました・・・
今は症状はだいぶよいのですがとっても不安です・・・
母親の私にできることは娘の喘息のコントロールをしてあげられるくらいなのでしっかり手帳に書き込みたいのですが、やはり普通の手帳は記入しづらいなと思っていたら、喘息手帳というものの存在をしりました。
喘息手帳はどこでいただけるのかおしえていただけないでしょうか?よろしくおねがいします。


[3070へのレス] Re: 喘息日誌について 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 01:06
喘息日誌は私どもの事務所で郵送をいたしております。メールかファクスで、あるいは手紙やはがきで、ご自分の住所をお書きになり注文されれば送ることができます。

その注文先はこのHPをよく見ていただければわかるのですが、念のために下に書き込んでおきます。
〒920−0848
 石川県金沢市京町20−3
   サンヴィンテージ103号
    石川県喘息友の会
      TEL/FAX (076)252−6746
      EメールFzensokutomonokai@nifty.com

 内容の確認の為、はがき、FAX、メールでご注文下さい。
代金は後払いです。書籍、商品等に振込用紙を同封いたしますので、品物が届きましたら入金をお願いします。


[3070へのレス] Re: 喘息日誌について 投稿者:ひろ(千葉県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 16:24
お返事ありがとうございます。
本日早速喘息日誌含む3冊を注文しました。
娘のため正しい知識を身に付けようとおもいます。
ありがとうございました。
またお世話になることがあるかと思いますがこれからもよろしくおねがいします。



ホクナリンテープとテオドールドライシロップ(2歳8ヶ月)
No.774 / Group:検査について 喘息の薬 乳幼児喘息 鼻と喘息
Date: 2004/07/05(Mon) 11:46 [修正]

[3046] ホクナリンテープとテオドールドライシロップ 投稿者:喘息初心者(神奈川県) 投稿日:2004/05/05(Wed) 14:34
2才8ヵ月になる息子のことでご質問します。三日前に喘息の診断をうけたばかりでまだまだ不勉強でいろいろな知識がありません。
取り急ぎご質問したいのは現在1.テオドールドライシロップ20%一日二回 2.オノンドライシロップ10%一日二回 3.メプチン、ムコダイン、ペリアクチン、プルスマリンAドライシロップを混合したもの一日三回 4.ホクナリンテープ0.5mg を処方していただきました。連休中で主治医に確認できなかったのでお聞きしたいのですが、ホクナリンテープは呼吸を楽にする薬とありますが、この薬を張った後、呼吸が激しく荒くなります。眠っている姿を見てもあまり楽には見えないのですが、仕方ないことなのでしょうか?このテープを張ったときの特有の状態ですか?脈も速くなっています。
次にテオドールドライシロップですが、注意事項で興奮、寝つきがわるくなることがあるとありますが、これは顕著にあらわれるものですか?三日目の服用で昨晩初めてとても興奮してなかなか寝てくれなかったのが、この薬の副作用なのか判断がつけません。
症状は、咳き込むことは少ないのですが、アレルギー鼻炎もあるため、鼻づまりが激しく、寝ている間に鼻がずるずるといっています。最初は鼻のせいで寝ている間に痰が下りてきて時々咳き込むのかと思っていました。なかなか喘息特有のヒューヒューやゼロゼロは聞き取れませんでしたので、今回受診したときも風邪で痰が絡んだ咳をしているものとばかり思っていたので、喘息と聞いてびっくりしています。周りに喘息患者はいなかったものですから全くの初心者です。よろしくご指導下さい。


[3046へのレス] Re: ホクナリンテープとテオドールドライシ... 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/05(Wed) 23:01
回答が遅くなって申し訳ありません。夜に見てまとめて回答することにしておりますので(そうでないときりがありませんので)、いつもこんな時間になってしまいます。

3.メプチン一日三回と 4.ホクナリンテープ0.5mg は同じ薬ですので、強くあたる可能性はあります。内服のメプチンの量にもよりますが。

テオドールドライシロップ20%一日二回 の量にもよりますが、通常は点滴などに入っていなければ、飲み始めですから、血中濃度がそう高くなりすぎて、興奮してなかなか寝てくれなかったということは喘息に間違いがなければありません。

喘息のお子さんでなければ、上の二つの薬剤でご指摘のような副作用が起こることはあり得ます。鼻が悪かったり風邪をひいたりで具合いが悪くなっていただけなのかもしれません。もう連休も終わりますし、明日主治医の先生に状態をお話しして、適切な検査や指導をお受けになってください。


[3046へのレス] ご回答ありがとうございます 投稿者:喘息初心者(神奈川県) 投稿日:2004/05/05(Wed) 23:22
メプチンは0.01%(1日0.45g)テオドールドライシロップは1日8.4gです。記述が少なくて申し訳ありませんでした。主治医の先生は聴診器による診察で音が聞こえるため喘息との診断でした。以前アレルゲンの検査をしてハウスダストとダニの数値がレベル5で、鼻炎とじんましんはひどくザジデンと頓服としてポララミンを処方されており、症状に応じて服用していました。喘息との判断は通常血液検査等をするのでしょうか?今も寝ている子供の背中に耳をあててみましたが、言われて見れはゼロゼロのようにも聞こえますし、今晩も鼻の調子は悪いようなので息苦しいだけにも聞こえます。主治医はアレルギー外来もおこなっているので指示には従うつもりですが、私はもちろん素人ですので正直言って先生の診断が正しいかどうかの見分けはつきません。判断するポイントはあるのでしょうか?確かにアレルギーはひどいので喘息といわれてみればそのような気もしますし、鼻炎がひどくて痰が絡むと診断されればそう信じてもしまいます。


[3046へのレス] Re: ホクナリンテープとテオドールドライシ... 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/06(Thu) 23:58
今日受診されたとすれば、いろんな問題についても、もう結論が出ているのではないでしょうか。結論が出たということであれば、その旨を書き込んでいただければ、私たちも安心です。

私が回答を書き込んだ後に、喘息と「判断するポイントはあるのでしょうか?」という再質問が付け加わっておりました。お子さんの場合はもともとアトピー性の体質があって、鑑別診断が難しいところはありますが、見分ける特徴、というのはいくつもあるものです。

「みんなで治す小児喘息復刻版」には二十三ページから三十ページにわたって、発作の時の症状、軽い発作を見落とさないために、発作の時の気管支の状態、気管支は縮んでも元に戻る、喘息の気管支は敏感、発作と気道過敏性の関係などを記載しております。図でも示しておりますので、それを勉強されたらいかがでしょうか。

ここで書いてくれと言われても、沢山あってそれは難しい話です。喘息ではないと診断されたならば、それでもうよろしいですが、やはり気管支喘息の疑いがあるとすれば、初心者の域を脱する意味でお勉強なさってください。


[3046へのレス] 本日受診してきました 投稿者:喘息初心者(神奈川県) 投稿日:2004/05/07(Fri) 17:13
やはり喘息という診断でした。あくまで症状を見た上で喘息かどうかは判断するという主治医の言葉を信じてしばらくは上記に処方された飲み薬を服用していくことになります。ホクナリンテープは効きすぎるのかもしれないとのことからなくなりました。また鼻炎がひどい話を再度したところミオカマイシンドライシロップ200を処方されました。
今日も元気に外を駆け回って遊んでいる息子をみるとやはりいまだに喘息という診断を信じたくない気持ちがあるのは事実ですが真摯に受け止めて対応していこうと思います。
みんなで治す小児喘息はすでに申し込んでありますので届き次第勉強開始です。
いろいろとご指導ありがとうございました。また何か心配事が生じた際はよろしくお願いいたします。



Page:[ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -