ホーム > すべて表示 > タイトル >
■ 喘息FAQ

グループ:
ワード検索:
1 - 5 ( 20 件中 ) / グループ:アスピリン喘息

自然療法を教えてください
No.780 / Group:日常気をつけるべきこと 鍛錬 アスピリン喘息
Date: 2004/07/05(Mon) 11:49 [修正]

[3065] 自然療法を教えてください? 投稿者:くままま(高知県) 投稿日:2004/05/08(Sat) 03:36
34歳女性です。鼻風邪の後半、夜中にゼーゼーと息苦しくなり眠れなくなりました。
服薬などは何もなく(鼻炎の常備薬ぐらい)、水を飲んだり、喉や胸に湿布薬を貼ったり試してみました。数回咳が出て症状は少し改善されたのですが、少しでも改善されるような身近にできる自然療法があれば教えてください。
例えば体は温めると冷やすとどちらがいいですか?


[3066] 追伸 投稿者:くままま(高知県) 投稿日:2004/05/08(Sat) 03:42
鼻炎にのど飴やミントガムが効いたりしますが、それはどうでしょう?
湿布を貼ったのもどうだったのでしょう?



[3065へのレス] Re: 自然療法を教えてください? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/09(Sun) 01:09
軽い発作を乗り越えるための一番手軽な方法は腹式呼吸です。腹部に手をあてながら、腹式呼吸を続けることが、一番有効だったと患者さんが言います。

痰が出にくい、痰が切れると楽になるという方は、水分をとること、胸部をたたいて排痰体操することが有効なようです。

気持ちを落ち着けるための自律訓練法などが有効だという方もいらっしゃいます。以上は共通した一般的な呼吸リハビリであり自然治療法です。これは「五つの呼吸リハビリ」ということで、カセットテープとパンフレットで詳しく紹介をいたしております。

湿布を張ることがいいかどうかは患者さんによります。アスピリン喘息の方はその関係の薬物が入った湿布をすることは禁忌です。匂いがダメだという患者さんもいます。有効だったという方もいらっしゃるかもしれません。喘息の患者さんによります。

体を温める方がいいのか、冷やした方がいいのかは、暑い季節なのか寒い季節なのか季節にもよるでしょうし、喘息患者さんによります。どちらがいいのかここで聞くことではなくて、ご自分で試してみることができるはずですから、自分にとって良い方法を
選択してください。

もうひとつの棚にある「のど飴やミントガム」が有効である人は使えばいいし、匂いがダメでかえって発作が起こってしまうという人は、やらないようにすればよいわけです。

以上述べましたように「一般的に喘息患者さんにとってよいと共通して言われていることと」、「個別に試して良いか悪いか決めるべきこと」の二つがあります。薬を使わないでも治るのならば、自分に合った方法を試せばよろしいかと思います。


[3065へのレス] Re: 自然療法を教えてください? 投稿者:ふみこ(青森県) 投稿日:2004/05/10(Mon) 19:03
清水先生の「5つのリハビリテープ」は、わかりやすくていいですよ。
私は、胸が痛い時は、ヴェポラップが、らくになりますよ。
冷やしすぎても、ぜ〜ぜ〜しちゃうので、お風呂で暖める、暖かい飲み物を飲むのも、いいかな?しそ、かりん、のお茶、ジュース、お湯割り、いいみたいです。 紅茶も咳止めにいいよ。
ベットを斜めにして、寝たり色々工夫してみてね。
ミントのどあめ、しそ甜茶あめも、スーッとしていいよ。私は、花粉アレルギーの時、いつも、なめていました。ポカリスエットも少し効果
が、、、?









[3065へのレス] Re: 自然療法を教えてください? 投稿者:くままま(高知県) 投稿日:2004/05/11(Tue) 22:23
早々のお返事ありがとうございました。今まで喘息と診断されたことはないのですが、アレルギー鼻炎では、通年悩まされています。子供の頃花火の煙を吸ってゼーゼー言ってたこともあります。喘息のけがあってもおかしくないですね。

昨年くらいから、年に一度風邪のあとに息苦しく寝れない夜がありました。二晩続くと黄色の痰が出ておさまりました。

先生に教えていただいた複式呼吸他自分にあった療法をさぐってみたいと思います。

ありがとうございました。



この症状はアスピリン喘息でしょうか
No.748 / Group:検査について 喘息の薬 重症度 アスピリン喘息 喘息の合併症 どうすればよくなるのかの参考
Date: 2004/07/05(Mon) 11:34 [修正]

[2910] 他の症状との関連は? 投稿者:玉田(茨城県) 投稿日:2004/04/14(Wed) 14:48
43歳の働く女性です。昨年年末より突然口唇が腫れ上がる症状があり、病院にいったところ、口唇と同様に喉が腫れると呼吸困難になる場合があるので気をつけるようにいわれた矢先、数日後の深夜突然痰がからんだ状態から呼吸困難になり救急車で運ばれました。その後アスピリン喘息の可能性が示唆されて、抗アレルギー剤等の服用を続けています。症状は今のところ落ち着いていますが、数年前からあった症状との関連その他で質問があります。2年ほど前から、疲れた時、特に夕方、あるいは空腹時/食事後など血糖値が変わった時に心臓はばくばくし、うまく連続して話ができない、咳き込む等の症状がありました(不整脈かと思い検査を受けようとしていました)。それとあわせて、虫さされが1年以上直らないで固定湿疹になる、またさされてない部分にも湿疹が広がる等の強いアレルギー症状がありました。これらは喘息の予備的症状だったのでしょうか?確かに他の人の例にもある通り、ここ数年は月1度のペースでの東南アジアへの出張等、心身ともに疲れきっていて、免疫機能が落ちていたのは確かです。でもそれにしてもこれまでずっと飲み続けていた風邪薬で突然命を失うほどのショックを受けるとは考えてもいませんでした。似たような症状をもたれている方がみえるのかどうか、今後症状が改善することがあるのかどうか、医師からはできれば抗アレルギー剤は一生飲んでいた方がよい(命を落とすよりはいいでしょう)といわれましたが、みなさんどうされているのかどうか、情報がいただけたらと思い記載しました。


[2910へのレス] Re: 他の症状との関連は? 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/04/14(Wed) 21:04
玉田さん、こんばんは。

突然のことで、びっくりなさったことでしょう。
もうお読みになられたかもしれませんが、喘息FAQの「アスピリン喘息」のところなどご覧になってみてください。
清水先生のお答えをお待ちくださいね。


[2910へのレス] Re: 他の症状との関連は? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/14(Wed) 23:38
デイジーさんのお勧めになっている喘息FAQの「アスピリン喘息」のところは、必ず読んでおいてください。

食物アレルギー、果物アレルギー、薬物アレルギー、アスピリン喘息、ストレス過剰による心身疲労状態による身体からの警告、などのいずれか、ないし組み合わせが考えられます。

ご存じかどうかわかりませんが、注意していただかなければならないことが二つあります。ひとつはアスピリンなどによる症状の場合は、酸性の解熱鎮痛剤や種々の添加物を体の中に入れた場合にのみ、その直後だけ症状が起こるのが普通だということです。直後以外に症状が起こった場合は違うと考えなければならないということです。初めの口唇の腫れなどは薬物や食物摂取とは関係がないようにも思えました。

実際はどうだったのでしょうか。そういう体質になってしまった人が慢性的に喘息発作を起こす場合は、服用と関係なしに喘息発作が起こってくるようになります。

二つ目は抗アレルギー剤を飲んでおればアスピリン喘息はすべて防ぐことができるというものではないということです。確かに命にかかわるような症状が起こる可能性があるわけですが、抗アレルギー剤を服用しておれば、そういうことにならないというわけではありません。ここに書き込まれている症状からすれば、気管支喘息発作というよりは、クインケ浮腫(血管拡張性の粘膜が腫脹する浮腫)のようにとれないことはありません。どちらにしてもストレス過剰状態になっておれば、身体からの警告としていろいろな異常が起こっても不思議ではありません。それを根本的にただすことが必要になってきます。

「喘息をよくし、治す」という本の中に、そこら辺のことが詳しく書いてありますし、酸性の解熱鎮痛剤以外にどういう果物や野菜、どういう種類の添加物が影響を及ぼすのか明記されております。その本を読むことの方が命を救うためにより役立つことでしょう。

抗アレルギー剤を飲んではだめだということではありません。飲んでおればすべて大丈夫だということではないと言っているのです。今のままでは危険だということを身体は警告を発しております。検査を受けたり、改善を得なければならないことは、はっきりしております。学習を深めて窮地から、安全域に脱出するようになさってください。


[2910へのレス] Re: 他の症状との関連は? 投稿者:玉田(茨城県) 投稿日:2004/04/18(Sun) 10:42
デイジーさん、清水さん
ご連絡ありがとうございます。また返信が遅くなって申し訳ありません。先週仕事の合間にアドバイスに従い、ネット上等で調査しましたところ、クインケ浮腫にほぼ間違いない(症状がほとんど同じである)ことに気がつき、現在の病院での治療が適切とはいえないこと、専門家に相談しないと生命に危険であることを理解しました。私自身が実はバイオ系診断装置(DNAチップなど)を開発する化学系研究者で、現在ウサギを使った薬物に対する抗体発現の研究をしている最中であるというのも皮肉な話です(そのため記事の内容を理解できるというメリットはありましたが)。さっそくアレルギー関連の専門家を検索し、日本アレルギー学会から地域別の専門家リストを入手し、来週の月曜には訪ねる予定をくみました。今回のご相談を通じて何とか助かる糸口がつかめたように思います。ありがとうございました。
ちなみに同じような問題をお持ちの皆様のための情報ですが、実は今になって思えば、先の最初の発作を起こした際に、医療機関の無知のために思わず命を落とす危険に遭遇していたことに気がつきました。呼吸困難で病院に運ばれた際に、既に職場診療所で危険を指摘されていたため、唇の腫れがあったこと、等を訴えたのですが、単なるパニック症候群と簡単に判断され(心電図、血液検査では大きな問題が確認されなかったということで)、精神安定剤と喉の炎症を抑えるための鎮痛剤を渡されていました。私自身の判断で飲みませんでしたが、特殊な病例の場合はこういう扱いになる恐れがあるんだということを実感しました。



アスピリン喘息の人の骨粗しょう症治療について教えてください
No.743 / Group:検査について 喘息の薬 アスピリン喘息 喘息の合併症
Date: 2004/07/05(Mon) 11:29 [修正]

[2919] 2回目です。 投稿者:葉子(愛知県) 投稿日:2004/04/15(Thu) 21:39
こんばんわ。2回目の投稿です。
プレドニンを時々飲んでいますが、骨粗しょう症の心配があり、
以前、サプリメントでカルシウムと、マグネシウムの入ったものを買って飲んでいたところ、30分後に虚血性大腸炎にかかり、下血が起こって大変な目にあいました。その時は医師から一過性のものだと言われました。アスピリン喘息の体質の人にあったものをご紹介頂ければと思います。


[2919へのレス] Re: 2回目です。 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/16(Fri) 00:23
アスピリン喘息があることが判明した方のようですが、年齢は何歳の人なのでしょうか。本当に骨粗鬆症があるのかどうか、DEXAという骨粗鬆症の検査を受けて、骨粗鬆症の診断がつけられて薬を飲んだり、その予防や治療が必要だと判明してから、考えた方がよいのではないでしょうか。心配は自分だけがしているのか、お医者さんに診断されて心配しているのか、はっきりさせてみてください。

本当に必要な場合は、通常はアデビロックの注射とか、アルファロールの飲み薬とか、炭酸カルシウムとか、お医者さんが本当にいいものを勧めてくれるはずなのですが。

本当にアスピリン喘息がある場合の人は、通常はいろんなものをやたらサプリメントのようなものを食べたり、飲むことではなくて、むしろ色んな成分が入っているようなものをとらないようにする治療が必要なのです。

前回の質問や回答に対する感想は次のようなものでありました。その時はアスピリン喘息の体質については記載がありませんでした。
[2844] はじめまして 投稿者:葉子() 投稿日:2004/03/29(Mon) 21:20

はじめまして。パルミコートを使ってから、滲出性中耳炎になったようですが、何か関連はあるのでしょうか?
また、鼻茸・慢性副鼻腔炎の手術はしましたが、耳に水がたまりやすいとかかりつけの医師より言われました。
何か良いステロイド吸入薬はありませんか。
ご回答下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
[2844へのレス] Re: はじめまして 投稿者:葉子() 投稿日:2004/03/30(Tue) 20:26

お忙しいなか、ご返答ありがとうございます。耳鼻科の先生のもとで、
早期に好酸球性滲出性中耳炎ではないか、検査をしてみるつもりです。
鼻の方は、手術で十分に仕上がっているといわれました。

このときも何か良いものを紹介してくださいという御質問でした。好酸球性中耳炎はあったのでしょうか、無かったのでしょうか? 何か良いものを求めておられることは、よくわかるのですが、一つひとつをお医者さんと相談して、安全な良い治療を行っていく姿勢が、一番大切かと思います。何か良いものを自分で探すことも分からないのではないのですが、間違いなくアスピリン喘息がある人の場合は危険も伴います。

飲んだり食ったりすることだけを探すのではなくて、喘息FAQのアスピリン喘息のところを学習したり、本を読んだり、患者さん同士の中で交流を深めたり、無害な所での努力をもっとなさってください。そういうことの方が益があって害がなく、そんなにお金がかかるわけでもありません。飲んだり食べたり吸入するものではなく、むしろ安全で良いものを紹介させていただきました。


[2939] こんばんわ。 投稿者:葉子(愛知県) 投稿日:2004/04/17(Sat) 21:15
早々のご回答ありがとうございます。年齢は43才です。アスピリン喘息の件については、湿布薬を使って発作を起こしたり、24時間点滴をして重積発作になったことがあり、鼻茸の手術も3回もやり、練りハミガキ喘息を起こしたこともあり、多分その可能性もあると思っています。主治医は一つ一つ検査するのは危険だと言っています。自分では安息香酸ナトリウム・着色料に発作を起こしやすく感じています。
好酸球性滲出性中耳炎の件ですが、耳鼻科で診察したところ、その可能性はないとのことでした。安心しました。これからは骨粗しょう症の事も含めて、医師に相談して、喘息FAQのところも勉強しながら、安全な方法をとるようにしていくつもりです。




歯医者での治療について教えてください
No.723 / Group:よくしていくことが可能でしょうか 喘息の薬 アスピリン喘息 どうすればよくなるのかの参考
Date: 2004/07/05(Mon) 11:22 [修正]

[2829] 歯医者での治療について・・・ 投稿者:木島美紀(埼玉県) 投稿日:2004/03/27(Sat) 16:23
こんにちは。前に一度質問させていただいた26歳女性です。
2年前に気管支喘息と診断され、現在は漢方の服用で落ち着いています。
虫歯の治療で歯医者に通っているのですが、今度笑気ガスを使ってみましょうと言われました。使っても大丈夫でしょうか。
笑気ガスとは別に麻酔も使えるか、抗生物質や痛み止めが処方された場合、飲んでも大丈夫か教えてください。
先生には喘息である事は言ってありますが、一応吸入を持ってくるようにいわれ不安になりました。


[2829へのレス] Re: 歯医者での治療について・・・ 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/03/28(Sun) 00:05
吸入器はどこへ持っていってもよいのですから、持っていったからといって心配する必要はありません。どこででも具合いが悪くなれば、使えばよいからです。

これまでも歯医者さんにかかっておられるようですから、キシロカイン麻酔や痛み止め、抗生物質など使用したことがあるでしょう。それらを使用して、喘息発作が起こったことがなければ、心配する必要はありません。これまで酸性の解熱鎮痛剤や風邪薬、抗生物質で喘息発作を起こしたことがある、いわゆるアスピリン喘息の人の場合は塩基性の解熱鎮痛剤を使う必要があります。喘息FAQのアスピリン喘息のところを参考にしてください。

吸入器を持ってきて下さいと言われただけで、不安になってしまうような人ですから、痛みや不安のために喘息発作が誘発されることはあり得ます。心理的に不安定な人は、薬のためではなくて、心理的な不安がコントロールできなくて発作を起こすのです。そういう場合は鎮痛剤や抗生物質、麻酔とは関係がありません。

そういう人の場合は漢方薬だけではなく、内科の先生に十分喘息をコントロールしていただいたり、発作を起こさないようにする薬を投与していただいて、歯医者さんにかかるとよいでしょう。
こんなことを聞いただけで、かえって不安になってしまうという人もいます。

私は内科の医者ですので笑気ガスのことはわかりません。それは歯医者さんと相談をしてください。これまで歯医者さんにかかっていて、漢方薬程度で落ち着いている方なのですから、90%以上の確率で何ともないものと思われます。100%大丈夫かと聞かれると、アスピリン喘息の方の場合は危ないですよ、アスピリン喘息がなくても心理面で不安定な人は恐怖で喘息の起こる場合もあり得ますよ、と答えざるを得ないのです。

内科の主治医の先生、歯医者さんとよく相談をして治療を受けてください。



治療のおかげでにおいが戻ってきました
No.709 / Group:鼻と喘息 アスピリン喘息
Date: 2004/07/05(Mon) 11:16 [修正]

[2783] 鼻、満開です。 投稿者:優子(京都府) 投稿日:2004/03/18(Thu) 22:23
 こんばんは。 先生、匂いが少しします。一番最初に香水の香りがわかり、次に、にんにく、コーヒーと・・・愛犬ロビンも驚くほどいろんな物を嗅ぎまわってます。 先生のおっしゃってたように分厚い靴底が薄紙を剥ぐように 少しずつ良くなる気配がします。 アスピリン喘息だから匂いが分からないのもしかたない・・・と思ってただけにほんと嬉しいです。 美味しいにおいの当てでまたまたビールがすすみそうです。 


[2783へのレス] Re: 鼻、満開です。 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/03/19(Fri) 00:02
このHPに桜の花も咲いたし、京都の優子さんの鼻も満開だとのこと、よかったですね。長年使っていた全身性ステロイドを中止できただけでなく、副腎機能を正常化させ、喘息も安定しました。京都から月一回通っていただいているわけですが、前回鼻の問題をお聞きし薬を投与しました。

匂いが早や甦ってきたなんてすごいです。第三回成人喘息ゼミナールで「毎日皮膚たわし摩擦をやっていること」を報告していただくことに同意していただきましたが、「長年匂いがなかったのに、復活してきたこと」も併せて報告をしてください。

もともと軽かったから、よくなってきたのだろうとディスカウントして受け止める人がいるかもしれませんから、どれぐらいの期間、どんな程度に匂いがしなかったのか、ここに書き込むことと、ゼミナールの時に報告をお願いします。

三十周年の記念パーティーでビールの乾杯ができますね。いつもついて来てくださっているご主人とも乾杯をして祝うことができたら最高です。二次会はoh_tototoさん達とアイボリーコーストにいかれるといいですね。瀧深さんもすごいアスピリン喘息ですが、アルコールはバッチリ飲めます。小倉さんも重症でしたがバッチリです。

記念パーティーのころは桜は散りますが、匂い立つような若葉の香りが、アルコールの匂いと共にすると万々歳。


[2795] 鼻、満開です。 パートU 投稿者:優子(京都府) 投稿日:2004/03/20(Sat) 12:57
 どのくらいの間匂いのない生活をしてきたか報告しますね。
昭和55年に妊娠して鼻炎になり 出産後 喘息がでるようになり アスピリン喘息と知らず何度も救急に運ばれてました。 鼻の状態はずーっと悪く 平成4年に鼻タケを耳鼻科で取ってもらい しばらくは匂いのある生活ができてました。 平成14年にも鼻タケを取ったんです。
20年余り 毎日、1錠のプレドニンを飲んでたにもかかわらず 鼻タケを取った時と 発作を起こし多量のホルモン剤を使った時以外は ほとんど匂いのない生活でした。 最近は味覚も自信なくしてて カレーを食べてもカレーの味がしなくなってきてるんです。 匂いの甦りでこの不安もなくなるかな?と密かに期待してるんですよ。



Page:[ / 1 2 3 4 / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -