ホーム > すべて表示 > タイトル >
■ 喘息FAQ

グループ:
ワード検索:
1 - 5 ( 12 件中 ) / グループ:アレルギー性肉芽腫性血管炎

アレルギー性肉芽腫性血管炎と診断され5ケ月入院しました
No.782 / Group:検査について 喘息の薬 消化器症状と喘息 アレルギー性肉芽腫性血管炎
Date: 2004/07/05(Mon) 11:51 [修正]

[3094] 再発がとても心配です 投稿者:さくら(静岡県) 投稿日:2004/05/13(Thu) 21:01
初めまして。
H4に気管支喘息と診断されてずっと薬を服用していました。H14 1月に胃痛で入院したのですが その後「アレルギー性肉芽腫性血管炎」と診断され5ケ月入院しました。退院後は順調にお薬も減って来ていたにですが 3月のP-ANCAが24,4月のP-ANCAが50,5月はまだ分かりません。好酸球の値はひかえるのを忘れてしまいました。入院したときに診て頂いた先生はP-ANCAが10以上になったら良くないと言っていたのですが 現在の担当医は まあ 様子を見ましょうと言うだけで 薬もそのままです。今服用している薬は プレドニン6mg(2月からこの量のままです)
キプレス10mg 1錠 ワンアルファ1錠 セレベント50 1日2回2吸入 フルタイド200 1日2回4吸入 発作時はサルタノールを使ってます。
担当医が言うように様子を見ていていいのでしょうか?私としてはもう絶対に入院はしたくありません。
長くなりまして申し訳ありません。何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。


[3094へのレス] Re: 再発がとても心配です 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/05/13(Thu) 21:23
さくらさん、はじめまして。

清水先生は、今日はお留守ですので、お帰りになられるまでのつなぎとして書かせていただきます。

アレルギー性肉芽腫性血管炎につきましては、清水先生の御著書「喘息をよくし、治す」の275〜281ページに詳しく説明が載っています。
ご参考までに、購入方法を書いておきます。
喘息に関する基本的なことは『喘息をよくし治す』や『喘息患者学入門』、小児喘息は『みんなで治す小児喘息』(復刻版)の本に書いてあります。
(これらの本の紹介と、購入方法は http://www.stlab.jp/asthma/kounyu.htmに紹介してあります。)

また、こちらの喘息FAQの「アレルギー性肉芽腫性血管炎」には、他の患者様からのご質問に清水先生がお答えをなさったものが分類されています。
よろしかったら、どうぞご参考になさってくださいませ。


[3094へのレス] Re: 再発がとても心配です 投稿者:さくら(静岡県) 投稿日:2004/05/14(Fri) 08:01
早速のお返事有難うございます。
喘息FAQの「アレルギー性肉芽腫性血管炎」は拝見させて頂きました。本も今 取り寄せています。参考にさせていただきます。
入院した時 かなり苦しみましたので 二度と同じ思いはしたくない気持ちが強く神経質になっているかもしれません。


[3094へのレス] Re: 再発がとても心配です 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 00:13
二度と入院したくないというお気持ちはよくわかります。実は普通は誰でもがそうなのです。そして通常は「自分だけは特別に二度と入院したくはない」と強く思っておられるのも事実です。

そのように、二度と入院しなくてもよい場合もありますが、三度目の入院が必要な場合もあるのです。症状のことは何も記載されておりませんので、何もとくに悪化がないものと受け止めています。P-ANCAをはかってくださったり好酸球の値方を教えてくださっているのですから、良い先生にかかっているといえます。

デイジーさんがお勧め下さっていますように、「「喘息をよくし、治す」の275〜281ページの詳しい説明を読んでいただければ、もっと安心できると思います。プレドニン六ミリグラムであれば、アレルギー性肉芽腫性血管炎としては、そう多い量ではありませんので、そう心配しなくて良いと思います。もう診断がついているのですから、症状の悪化や好酸球の増加が見られれば、入院というよりは外来でプレドニン増量で対処できるのですから、主治医と相談しながら良い治療を受け、やがて完全治癒を目指してください。

そうなった人はいるのです。「胃痛で入院した」としか書いてありませんので、好酸球性胃腸炎があったのは間違いないでしょうが、アレルギー性肉芽腫性血管炎なのかどうかは、先程お勧めした本の中で紹介している定義、喘息FAQの中にある所見と比較しておいてください。


[3094へのレス] Re: 再発がとても心配です 投稿者:さくら(静岡県) 投稿日:2004/05/15(Sat) 07:10
清水先生 お返事有難うございます。

現在は退院してもうすぐ2年がたちます。P-ANCAが50と聞いて心配になってしまったのですが 先生のお話を聞いてほっとしました。

本が来ましたら 早速読ませて頂きます。有難うございました。



過呼吸と思われる呼吸困難のような症状がでておます(中3)
No.742 / Group:よくしていくことが可能でしょうか 検査について 思春期喘息 スポーツ アレルギー性肉芽腫性血管炎 喘息の合併症 どうすればよくなるのかの参考
Date: 2004/07/05(Mon) 11:29 [修正]

[2899] 娘の事でお伺いします 投稿者:田中(香川県) 投稿日:2004/04/12(Mon) 13:46
石川県喘息友の会へのメールではお問い合わせさせていただきましたが、長女(中3)のことでお伺いしたく、いくらか付け加えて再度ご連絡させていただきます。
喘息と関係あるのかどうかはっきりしませんので、こちらへのお問い合わせも躊躇っていましたが、少しでも情報をいただければと思い、親としては快方への糸口を見つけたいと願っているだけです。
過呼吸と思われる呼吸困難のような症状が現れたのは昨年の夏以降です。長女は部活で柔道をしています。ちょうど発症した頃、試合が続き、地方・全国大会に向けて練習も厳しくなった頃でした。不思議なことに、その年に限って娘と同じように過呼吸と思われる呼吸困難の症状を訴える子(女子ばかり)が10人ほどいました。女子部員の約3分の1です。顧問の先生に聞いたところ、前年までは一人もいなかったそうで、先生自体が困惑しています。娘以外の子は既に快方に向かい、今現在、発作(と言っていいんでしょうか?)を起こすのは娘だけになってしまいました。始めは部活や体育の時間だけだったのが、徐々に授業中にも発作を起こすようになってきています。先生方や友達は事情を理解し、手を貸してくれるのが親としてとても心強くありがたいことです。
昨年末頃より、呼吸困難のような症状に加え、足に力が入らず立てない・歩けないという症状が加わってきました。朝、登校しても途中で歩けなくなり友達や先生におぶってもらい、帰りは学校まで車で迎えにいくこともしばしばです。過呼吸の発作時には喘息のような『ぜーぜー』という呼吸をしています。一時はピークフローで記録をとっていました。正常時で470〜480前後、息苦しくなってくると300がやっとで、それ以上ひどくなると測ることすらできませんでした。正常時の呼吸機能検査でも異常は見られなかったように記憶しています。昨年、秋のことです。
3月10日すぎ、学校へ迎えに行った帰りに病院へ連れて行きました。その時は歩けませんでした。検査入院することになり、髄液をとり、血液検査・CT・MRI等の検査を受けました。入院当初の診断は『急性小脳失調』と『ギランバレー症候群の疑い』ということでした。本人が言うには足に力が入らないことのほか、手のしびれ、目がぼやけるという自覚症状があったようです。3日間の入院中、点滴や採血を受け(恥ずかしながら薬の内容は覚えていません)回復し、検査結果も異常がないということと、翌日は卒業式でどうしても先輩を送り出したいという本人の希望で退院しました。
昨日は歩けなかったのに今日は歩ける等を考えると、ギランバレーは考えにくいということでした。確かに呼吸困難・歩行困難どちらをとっても毎日続くというのではなく、いつ起こるか分からないというのが現状です。朝おきて既に立てないこともあれば、授業中に歩けなくなることもあります。部活をしても何も起こらない日もあります。
過呼吸の発作は家ではほとんど起きないこと、練習に加え昨年夏より女子部の部長になったことなどがあり、本人がわからないところで受けているストレスが原因だとばかり思っていました。アレルギー性肉芽腫性血管炎という言葉を見て、いろんなHPを見ました。確かに似たような症状がいくつかあることがわかりました。ただ、初めて見る病名で、今は何の知識もなく、HP上の症状や患者さんの闘病記を見ることぐらいしかできないという状態です。
今後も続くようであれば、専門医を受診してみようと思っています。今住んでいるところは島嶼部で、町立の総合病院はありますが中3では小児科に通わざるをえません。
血液検査の結果等、何も把握できていませんが今現在の症状でなにか分かることがあればと思い、恥ずかしながらご連絡差し上げた次第です。
今は月2回、島外の心療内科を受診しセディール錠(寝る前)とコンスタン0.4mg錠(過呼吸発作時の頓服)を飲んでいますが、目に見えた回復はありません。約1ヶ月服用しています。担当医は女性で明るく、とても話しやすい感じのいい方ですが、娘はあまりピンときていないそうです。この医師は歩行困難等と呼吸困難は同じ所に原因があるのでは?ということです。心療内科ですので、こちらでの血液検査などはしていません。小学校低学年の時、風邪をこじらせ軽い喘息と診断されたことがあります。昨年、アレルギー科を受診した時の血液検査ではダニ・ハウスダストが基準値を超えて(標準の6倍だった記憶があります)いましたが、その他の異常は指摘されていません。現在も腕だけにアトピーがでていて、アンテベート軟膏を使用してます。母親の私自身は娘出産後に発症した気管支喘息や花粉症・動物(特に猫)などのアレルギーがありますが、その他の家族・近親者には喘息やアレルギー体質はいません。
これから合宿や修学旅行等、外泊することが増えます。少しでも楽にしてやりたいと思っています。いくら事情を知っているとはいえ、同行する先生や友達に迷惑ばかりかけるのも心苦しく思っています。
お忙しい中、また本題の喘息以外の事をお伺いするのは心苦しいのですが、事情をお察しいただき、少しでもアドバイスを頂ければ幸いです。


[2899へのレス] 無題 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/04/12(Mon) 15:08
田中さん、こんにちは。

お嬢様のこと、ご心配ですね。
私も、二人子供がおりまして、子育て中です。
お母様も喘息とのことですので、よろしかったら掲示板の方にも、息抜きにそして子育てのお話などもなさりにいらしてください。
子育て中の方は、たくさんいらっしゃいますし、育て上げた大先輩もいらっしゃいます。

こちらの喘息FAQですと、もうご覧になられていると思いますが、アレルギー性肉芽腫性血管症もありますし、「スポーツ」、「どうすればよくなるかの参考」には、ストレスや心の身体への影響などが分類されています。興味を持たれるところをご覧になられて清水先生のお答えをお待ちくださいね。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:田中(香川県) 投稿日:2004/04/12(Mon) 20:47
デイジーさま

お返事いただき、ありがとうございます。非常に嬉しいお言葉をいただきました。
いろんな方の症状やそれに対する先生等のご意見も拝見しています。
私には3人の子供がいて、ここに出てくる娘は長子です。下の2人には喘息もアレルギーもありません。長女も昨年夏、過呼吸を起こすまでは軽いアトピーこそあったものの、大きな病気などしたこともなく、3人の中では一番病院に縁遠い子でした。運動中のみ起こる、または授業中のみ起こるなど、限られた場合のみに起こるのなら原因は簡単にわかるのかもしれませんが、娘自身が何がストレスなのかがわからない、嫌いなこと・いやなことはないと言うんです。私も気にかけて、努めて口うるさく説教じみたことをいわないようにしています。また、できるだけ会話を持つようにも心がけています。学校では特に保健の先生や、学校カウンセラーの先生、友達たちが良い話し相手になってくれています。私自身は非常に楽天的にできているんですが、さすがに今回だけは精神的に参ってしまいました。子供には明るく接するように努力しています。でも、症状、特に足に力が入らないという状況は増えつつあります。呼吸困難と歩行困難は別々に起こることが多いです。
どれだけ息苦しくなっても、足が立たなくなっても頭はしっかりしていて、寝てしまうまでの記憶ははっきりしています。睡眠は深いようです。
足が立たない時は娘自身がおかしい(おもしろい)んでしょう、へらへら笑うので、こちらもつられて笑ってしまうのですが、呼吸がし辛い様子は見ているこちらがとても辛いです。息苦しいことの辛さは喘息である私自信が理解できますから。
今はただ、少しでも早く、少しでも楽にしてやりたいと只々思うばかりです。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:デイジー(鳥取県) 投稿日:2004/04/12(Mon) 21:08
田中さん、こんばんは。

田中さんは、文章がとてもお上手なので、お嬢様の様子がよく伝わってきます。
喘息にしましても、子育ての悩みにしましても、長い時間希望を失わず、努力しながら歩いていかなければなりません。
おひとりでは倒れそうになっても、仲間がいると何とか持ちこたえられるかもしれません。
掲示板では、おもしろい話もしますし、時には真剣なやりとりもあります、そして時には愚痴や泣き言も、話題にしています。
長い時間を歩むには、とても苦しいときもあるものなのですね!
掲示板の皆さんは、皆そういうことをよく理解してくださいますので、いつでものんびりとしにいらしてくださいませ。
お嬢様が、少しでも早く、お元気になられますようお祈りしています。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/13(Tue) 00:07
一対一のメール相談に応じておりましたが、エンドレスになる可能性も強く、他の患者さんの中にも同様の質問に関心をもたれる方もおられる可能性もあり、私たちの回答が喘息FAQに残ることも考えると、ここに登場していただいた方がよいと考え、お勧めをいたしました。

全く普通の時もあり、おかしな行動が起こってくる、またそれが完全に治る場合がある、神経学的にはどうしても説明のしようがないという場合は、ヒステリーや心身症として心因性の問題を考えていく必要が出てきます。

髄液をとり、血液検査・CT・MRI等の検査をなさったということですが、髄液の中や血液検査の中で末梢血の好酸球%が増えているということはなかったのでしょうか。先日東京の国際フォーラムで日本内科学会がありました。「アレルギーに伴う中枢神経障害」と題して、九州大学医学部の吉良潤一先生が教育講演をなさいました。その話は私も聞きたい話のひとつでしたから、熱心に報告を聞きました。アレルギー性肉芽腫性血管炎のほかに、アトピー性脊髄炎、平山病というのがアトピー性疾患と深く関係があるというお話しでした。神経学の学会の中ではもっと早くから知られていたようです。

この先生が最も日本で詳しい専門家のようです。完全に治るということがなく、持続的におかしいという場合は、お子さんの場合と症状が重なっている可能性があります。この先生に診ていただくことが、今の日本では一番いいということになるでしょう。夏休みなどを利用して、入院して調べていただくということが、お母さんにとっても、お子さんにとっても一番いいことかもしれません。

ファクスでその先生の講演の抄録をお送りできますから、ご自分の所に届くファクス番号を書いて、事務所の方にお問い合わせ下さい。器質的な疾患なのか、心因の関係する機能的な疾患なのか、結論を下すことができるかと思います。

以上のような情報を興味のある方は知れるようにするために、ここで新たな情報を提供するからと申し上げた次第です。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:田中(香川県) 投稿日:2004/04/13(Tue) 08:12
清水先生

お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。
アレルギーに関連する疾患名は、今回始めて耳にするものばかりで内容もわからないところがあり、正直申し上げると戸惑ってしまいます。何が何だかわからないというのが今の率直な気持ちですが、娘の改善のためにできることは何でもしてやりたいと思っています。
吉良先生の公演の抄録を是非拝見したいので、お問い合わせをさせていただきます。何らかの解決の糸口が見えることを期待せずにはいられません。
お子さんをお持ちの方ならお分かりいただけるでしょうが、私が代わってやりたいです。
資料を拝見した上、またご連絡させていただきます。

デイジーさま
心温まるお言葉、ありがとうございます。
掲示板にもお邪魔することがあるかもしれませんが、そのときは宜しくお願いしますね。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:田中(香川県) 投稿日:2004/04/14(Wed) 18:14
昨日、事務所の方よりファックスを受け取り拝読しました。
すべての原因がアレルギーによるものであるとするなら、納得できる部分が多々ありますが、現状では言い切れない気もしています。
読んだ矢先、昨日も授業中に足が立たなくなり気分の悪さ、吐き気を訴えました。原因が本当に精神的なことなのかどうかを心療内科の先生とも相談しながら、新たな病院や治療法も視野に含めて経過を観察してみようと思います。アレルギーについてもまだまだ勉強不足であることも痛感しました。
このページに相談させていただくことがなければ、新たな道や考えは開けなかったでしょう。本当にありがとうございました。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/14(Wed) 23:10
またここを御覧になるかどうかわかりませんが、もう2点追加情報を書き込んでおきます。

九州大学医学部の吉良潤一先生に診てもらうと同時に、九州大学医学部に入院すれば心療内科の久保千春先生をはじめとした、日本の心療内科のトップレベルの先生に診ていただくことが可能です。とりあえずお二人の先生に外来で診ていただき相談にのっていただくことも可能でしょう。

親元や学校から離れて入院治療を受けるということも、子供さんの成長にとって幸いする場合があります。近いところでは膠着状態にあったまま変化が起こらないことも多いのです。香川県のどこに住んでおられるのかわかりませんが、石川県よりは福岡は近いはずです。

以上2点を追加させていただきました。ご参考になさってください。


[2899へのレス] Re: 娘の事でお伺いします 投稿者:田中(香川県) 投稿日:2004/04/15(Thu) 08:12
清水先生

度重なるアドバイス、本当に嬉しく思っています。
九州大学医学部のHPを見て、また吉良先生のご活躍も拝見し、本当に実績のある方だと改めて思いました。吉良先生に直接メールを送れるようでしたので、お返事がいただけるかどうかも分かりませんが不躾を承知でご連絡を差し上げています。何か進展がありましたらまたご報告させていただきます。福岡での受診や入院治療も視野に入れる気持ちになりました。
いろいろとありがとうございました。



好酸球が増えやすい体質なんですが、改善できませんか〈妊娠・出産〉
No.737 / Group:検査について 喘息の薬 妊娠・出産・授乳・育児 アレルギー性肉芽腫性血管炎 どうすればよくなるのかの参考
Date: 2004/07/05(Mon) 11:27 [修正]

[2874] 好酸球が増えやすい体質なんですが 投稿者:なつ(熊本県) 投稿日:2004/04/06(Tue) 02:42
初めてです。大変悩んでいます。どうか宜しくお願いします。
私の喘息は発作は重篤ではありませんが、のどの痛みに始まり、息苦しくなると好酸球が増え(14%ぐらい)白血球も増えて点滴してプレドニンを飲まなければならなくなります。(ひどい時は好酸球性肺炎になります)
長い間ユニフィル400を一錠と、フルタイド100を一日2吸入でコントロールしてきましたが、半年ほど前から調子が悪くなり慢性化しています。プレドニンを6錠からスタートして1錠ぐらいになると息苦しくなってきて参ってしまいます。それでもなんとかここ最近は1錠で落ち着いてきたような感じなので0.5錠に減らした後止めてみようと思っています。
すごく妊娠を望んでいるのですが、かかりつけの先生からはこんな調子ではしばらく無理と言われました。プレドニンを止め、落ち着いてどれぐらいしたら妊娠しても安心でしょうか?
検査では花粉症やハウスダストなどアレルギー反応は出ませんし、IgE抗体も正常でした。好酸球ばかりすぐ増えてしまうこの体質は改善できないものなのでしょうか?


[2874へのレス] Re: 好酸球が増えやすい体質なんですが 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2004/04/06(Tue) 23:57
好酸球ばかりすぐ増えてしまうこの体質は改善できないものなのでしょうか?というご質問ですが、体質も一つの原因としてありますけれども、よくするための努力が不十分である結果でもあるわけです。

好酸球が二十%三十%という気管支喘息の方々もたくさんおられます。その人たちが努力次第によっては、全身性ステロイドを使用しなくても、減少したまま好酸球性肺炎にもならず、元気に過ごしておられる方々がたくさんいます。あなたがそうなる努力をなさるかどうか、努力をした結果、他の良くなった人たちと同じようになるかどうかは先に行ってみないとわかりませんけれども、今よりも良くなり、妊娠出産の夢が現実のものに近づくことは間違いないでしょう。

「喘息をよくし、治す」(合同出版)の中によくなられた方の体験談が紹介されております。よくなる希望を持ち、現実のものとするためにも、御一読をお勧めしておきます。

プレドニンを止め、落ち着いてどれぐらいしたら妊娠しても安心でしょうか?というご質問ですが、内科の先生や産婦人科の先生のご意見もあることでしょう。プレドニンが完全に切れて、症状がなくなれば、半年もすれば大丈夫だというのが私の意見です。ただしその後も悪化しないような状態を維持するために、最大限によくなる方法をしっかり身につけてください。


[2874へのレス] 有難うございました 投稿者:なつ(熊本県) 投稿日:2004/04/09(Fri) 17:48
回答有難うございました。自分なりに本を読んだり体力作りを少しずつ始めておりますが、無理をせず頑張っていきたいと思います。これからどういう事をしていったらよいかもっと良く調べてみて努力してみようと思います。
お忙しい中本当に有難うございました。少し気持ちが楽になりました。





アレルギー性血管炎の痺れは治りませんか
No.557 / Group:アレルギー性肉芽腫性血管炎
Date: 2004/03/25(Thu) 14:26 [修正]

[2209] アレルギー性血管炎の痺れは治りませんか 投稿者:前田勝彦(愛知県) 投稿日:2003/11/16(Sun) 23:24
こんにちは、愛知ぜんそく大学事務局前田勝彦です。
いつもお世話になります、よろしくお願いいたします。
以前にもこのQ&Aでお聞きした、アレルギー性血管炎といわれた人から、現在両下腿がしびれて困っている。主治医の先生は治らない、上手く付き合うようにと言われたそうです。足のしびれは治らないものでしょうか。直す方法はないのでしょうか。


[2209へのレス] Re: アレルギー性血管炎の痺れは治りませんか 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2003/11/17(Mon) 00:11
前田さん、こんばんは。アレルギー性肉芽腫性血管炎については喘息患者学入門、喘息をよくし、治すという本の中に、私たちの経験例と私たちの考えが紹介されています。その方はこの2冊の本を読まれたのでしょうか。まだであれば読まれようにお勧め下さい。

 7人のこの病気を持つ気管支喘息の方々の治療に当たってきましたが、私たちの病院で最初から最後まで治療をされた方は、全員足のしびれは治りました。一時的に入院されたり関係はもったけれども、やむを得ず自分の地方に帰って、そこで治療を継続された方は、足のしびれの治る確率は低く後遺症として残っている方が多いようです。それは治療の仕方による差の結果なのか、たまたま私どものところの病院の患者さんが軽症で、遠くの方は重症だったのか、それは不明です。

 一般には治りにくいとされております。しかし治った人もたくさんいます。小児喘息や成人喘息がよくなったりできず、またすぐに発作を起こすだろうと言われました。元々、低カリウム体質で薬のアレルギーもありなかなか薬の調整も難しいようです。何か良いアドバイスをいただけると幸いです。よろしくお願いします。



[2213] 清水先生有難うございました。希望が持てました。 投稿者:前田勝彦(愛知県) 投稿日:2003/11/18(Tue) 23:25
愛知ぜんそく大学事務局前田勝彦です。アレルギー血管炎の回答、清水先生有難うございました。早速患者さまに伝え、愛知ぜんそく大学学長諏訪先生に相談します。清水先生の回答で希望が持てることが何よりもうれしいことだと思います。有難うございました。






今の治療で充分ですか
No.553 / Group:ピークフローメーターと喘息日誌 アレルギー性肉芽腫性血管炎 喘息の合併症
Date: 2004/03/25(Thu) 14:23 [修正]

[2211] 今の治療で充分ですか? 投稿者:せんちゃん(兵庫県) 投稿日:2003/11/18(Tue) 22:20
お久しぶりです、昨年も2度ほど相談させて頂いたもので、喘息歴3年の33歳で主婦です。昨年はすごく調子が悪く、胸の息苦しさや動悸などで相談しましたが、おかげさまで今では息苦しさがなくなり、過ごしやすくなりました。現在の治療は1日にフルタイト800・セレベント100・場合によってムコソルバンを飲んでます。症状としては常に大きく息をすると喘鳴がして痰が次々に出てきて困ります!特に仕事中はこまりものです・・・(排痰体操すごく役立ってます!)ですが、夜になると症状もましになり痰もあまり出ません。息が出来ないような発作はいままでになく点滴は一度だけです。IgEは49 好酸球1.3% 痰の培養検査では、菌はあるが、そのままでも大丈夫との事でした。
でも、どうしてもこれ以上良くならないので、教えて頂きたいのです。
今の主治医にはフルタイトを800しているので(2年間この量です)これ以上は別の薬をプラスする必要はないのでは・・・と言われています。もちろん今までには抗アレルギー薬やシングレア・テオフィリン系(副作用がでました)と試しましたが、いまいちでした。
このままの治療を気長に続けるしかないのでしょうか?
生活面でも気をつけているつもりですが・・
是非良きアドバイスをお願い致します。


[2211へのレス] Re: 今の治療で充分ですか? 投稿者:清水です(石川県) 投稿日:2003/11/18(Tue) 22:43
お久しぶりです。少しよくなられてよかったですね。喘息日誌はつけておられるのでしょうか。ピークフロー値の日内変動はいかがでしょうか。その程度によって、今後どうすべきか検討しなければなりません。

 仕事はなんでしょうか。日中に仕事をされているとすれば、通常は日中はアドレナリンが分泌されていて交感神経優位ですから調子がいいというのが普通です。そして夜や朝方に具合が悪くなるのが普通です。これが逆転されているようです。そこが少し不思議ですし、良くなっていくヒントが隠されているのかもしれません。ですから、喘息日誌をつけピークフローメーターを吹き1日4回ないし8回ぐらい吹いて記録をつけてみてください。ここに書き込んでいただいてもいいし、ファクスでその記録を事務所に送っていただきながら、ここで質問をしていただき、私がここで回答を差し上げるということでもいいでしょう。

 薬物療法としてはかなりベター・治らない人もいるけれども、よくなったり治った人もいるということと根本は同じです。私の本に書いてありますが、気管支や鼻、目、皮膚という外気に接する表面の病気であるアレルギー性疾患から、神経や血管に影響が及ぶ内臓の病気も合併する疾患ですから、重症で治りにくいことは喘息の比ではありません。5年以内に死亡する死亡率も高いとされています。

 愛知県から入院されて治療を受け、やがて月一回土曜日の午前に通院されて、しびれが治っただけでなく、ステロイドも完全に離脱し、気管支喘息も良くなった方もおられます。前田さんに相談されている方が、同じ方法でよくなるのか、同じ方法でもよくならないのか、それはやってみないとわかりませんし、その患者さんの努力の仕方や病気の重症度、なってしまってからの期間、などさまざまな要因が関係します。

 ですからご質問の「足のしびれは治らないものでしょうか。治す方法はないのでしょうか」に対しては、「治る人もいるし、治らない人もいる。よくし治す方法はあるけれども、100人が100人とも完全に治せるという方法はない」という回答になります。


[2211へのレス] Re: 今の治療で充分ですか? 投稿者:せんちゃん(兵庫県) 投稿日:2003/11/19(Wed) 11:06
早々のお返事ありがとうございます。
先生も不思議と思われた、夜になると痰の出が止まるのは自分でも何でだろう?です・・特に夜だけ動いてない訳でもないのですが、
アレルゲンもダニ・ハウスダストが1の擬陽性のみです、ピークフローも460〜490で少し夜のほうがいいようです。でも朝晩しかしてなく調子が良くなってから忘れがちで反省です!インタールも本を読んでいて気になっていたので主治医に聞いたことはあるのですが、フルタイト800してるし必要ないよ!と言はれてそのままです、でも少しでも可能性があるのなら試してみたいです。
また本を読みなおしてみようと思ってます。ピークフローもまめに付けて変化を見ますのでまたアドバイスをお願い致します。




Page:[ / 1 2 3 / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -